Blog スタッフブログ

LUG DESIGN HOMEの建物の特徴を詳しく紹介します!

お知らせ

こんにちは、LUG DESIGN HOMEの重丸です。

 

11月も、あっという間にあと数日ですね。

年末に向けて少しずつでも掃除をして行こうと思っております。

今年はどうだったか、来年はどうなっていくのか

しっかり考えながら今年にできることは

今年中にやっていきたいですね!!

 

 

さて本日は、LUG DESIGN HOMEの建物の特徴を

再度お伝えしておきます。

 

  • 外壁

一般的な戸建住宅に多く用いられる外壁材は

サイディングですが、弊社では、長い歴史の中で証明

されている耐久性や安全性、熟練職人の手作業による

意匠性などの魅力から塗り壁を使用しております。

 

メンテナンスで比較してみると

サイディングは、継ぎ目の部分が弱く目地から雨水が

入り込み本体が劣化してしまうことがあります。

 

塗り壁は、目地の継ぎ目がないため頻繁なメンテナンス

が不要になります。色あせなどはありますが、

経年変化を楽しめる色合いや素材なため少ない

メンテナンスで、お客様に末永く愛される外壁仕上げです。

 

  • サーモウッド ヒノキルーバー

木造住宅にこだわって戸建を建築してきた弊社だからこそ、

ルーバーも、自然にも人にも優しい外構木材サーモウッドを

使っております。加圧水蒸気下高温加熱処理によって、

木材の耐久性能を上げることにより永く美しいデザインを

保ちながら落ち着きある雰囲気を作り出してくれます。

 

 

  • 高気密・高断熱

兵庫県の風土に合った仕様で、長年建築をしてきましたが、

現在の気候変動は大きく変化しており、

これから先50年60年と住む人全てが快適に暮らせることを

考えると、高気密高断熱仕様は避けては通れません。

北海道や東北のような寒冷地でも過ごせる住宅は、

この兵庫県ではオーバースペックとなりますし費用対効果

を考えるとオススメできるものではございません。

地元ビルダーだからこその住みやすい暮らしを

提案しております!

 

一般住宅と高気密高断熱の家の一例によく挙げられるもので

『ヒートショック』という現象があります。

ちなみに、ヒートショックにより亡くなる方は

交通事故の約3.8倍です!!!

一般住宅は、冷暖房の効いている部屋や南側の部屋と

北側の部屋などで温度差が大きく、それにより急激な温度変化が

起こり身体に悪影響を及ぼすというものです。

 

高気密高断熱の家は、高い気密性によって

暖めた(または、冷やした)空気が家の外に漏れにくく、

高い断熱性能によって温度変化が生じにくい特徴があります。

そのため、暖房(または、冷房)していない部屋の温度も

均一になる効果があり、部屋ごとの温度差が少なくなり

ヒートショックが起きないようになっております。

 

 

  • 24時間全熱交換型換気システム

健康の第一歩は室内空気環境からです。生活の中で当たり前の

存在になっている空気ですが、人が一生涯で摂取する物質の

重量比で最も摂取するのは『食べ物』『飲み物』ではなく

『空気』です。なかでも室内空気は生涯の57%を占めて

おります。人体に与える影響は非常に大きいでしょう。

 

弊社の、熱交換型換気(第1種換気)は給気・排気ともに

換気ファンで行う方式で、新鮮は空気を快適な温度で

取り入れることが可能です。一般的な換気(第3種換気)は、

排気は換気ファンで行いますが、給気は自然に行う方法です。

そのため外気がそのままの温度で室内に入ってきます。

熱効率が悪くなる分、エアコンなどの光熱費は高くなって

しまう傾向にあります。快適な暮らしとランニングコストの

軽減を実現しております。

 

 

  • 国産無垢材

弊社では地元ビルダーならではの強みの天然素材を使用しております。

床材は、兵庫県地域の気候に合った山陰・山陽の杉の無垢材を

使用しております。

 

 

6、オンザウォール

壁材をクロスではなく天然素材の塗り壁である(オンザウォール)を

使用しております。クロスと異なり熟練職人による塗り壁は、

表情豊かで本物の質感を愉しむことができます。

さまざまな利点もあり、快適な暮らしを演出してくれるでしょう。

 

 

弊社では、お施主様に長く愛されるお家づくりは勿論ですが

納得いただけるご提案を心がけております。

 

完全予約制にてモデルハウスの見学会もしております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

神戸市・明石市などで

注文住宅をお考えの方は是非

LUG DESIGN HOMEへご相談ください。